テレビ取材どうする?

取材受ける?

テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。
 
家庭で体験教育についての取材です。
 
早速、オファーを受けるかどうかを検討する家族会議が開かれました。
 
さあ、どうする??
 
 
長男:僕はいいよ、何でもできるよ。
 
次男:僕もいいよ、それで何をすればいいの?
 
 
子どもたちがビビるのではないかと思っていましたが、自分たちに自信を持っていました。
 
取材があっても自分は自分。
 
私が子どもであれば不安になっていたと思いますが、動じていない様子に肝が据わっていると感じました。
 
これも様々な体験のおかげなのでしょう。
 
しかし、長男は心配事があったようです。
 
「魚が釣れる秘密の場所を取材されたらみんなにバレてしまう!?」
 
今回は釣りの取材ではありませんので大丈夫ですが、私たち家族の秘密の釣り場の取材がある場合はお断りすることになりました。。。そんな取材はないと思います(笑)
 
さて、今回はどんな取材になるのでしょうか?
 
私は「家庭で体験教育」の重要性が拡がり、社会から体験不足という言葉がなくなればいいなと思っています。
 
家庭で体験教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  2. イライラする感情

    うまくいかなくてイライラするときは成長のチャンス!

    子どもは思い通りにできないとイライラすることがあります。   もちろん大人もです。   そん…
  3. ハチノコが大好物な息子

    数か月前からハチの巣が大きくなるのを待っていました。 そろそろ食べ時だと判断したようです。 ハチ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る