子どもが子どもらしく遊びぬく

子どもたちは毎日海に行ってます。
 
私は「子どもが子どもらしく遊びぬく」のが夏休みの一つの役割だと考えています。
 
先日、このような話がありました。
 
ーーーーーーーーーーーーーー
夏休みは成長のチャンスです。
毎日こどもはお稽古と塾で大忙しです。とても充実しています。
子どもは分単位でスケジュールが決まっていて、まるで芸能人みたいです(笑)
〇〇ができるようになりました!
〇〇点をとりました!
子どもの時にしかできないのでたくさんお勉強させようと思います。
ーーーーーーーーーーーーーー
 
これはあるママさんの話です。
 
私は子どもと会っていませんので何とも言えません。
子どもが納得し、自分自身でやりたいと思っておれば、それもまた一つの教育手法だと思います。
 
ただ、一つ気になることがあります。
 
私は青年教育にも携わってきました。
 
幼少期から猛勉強して良い大学に入ってますが、苦しんでいる青年もいます。
 
そのような青年と話をしていると、
「子どものうちにもっとたくさん遊びたかった。いま、遊ぶことがわからない。自分は何のために勉強してきたんだろう。」
という言葉が出てきます。
 
もちろん、みんながみんなそうではありません。しかしこのような傾向が多いことは事実です。
 

子どもの時期に本当に大切なことは何でしょうか?
 
私は「子どもが子どもらしく遊びぬける環境」を作ってあげたいと考えています。
 

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 取材受ける?

    テレビ取材どうする?

    テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。   家庭で体験教育についての取材です。 …
  2. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
  3. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る