平凡な毎日こそシアワセが詰まっている

平凡な日常に不安を感じるママさんがいました。
家族の時間、、ご飯を食べ寝る。その毎日・・・
この毎日はツマラナイのではないか?そう感じていました。
 
家庭でたいけん教育では「平凡な毎日こそシアワセが詰まっている」と考えます。
足元のシアワセに気づけるかどうか?
それがシアワセの一歩だと思うのです・・・。
 
私は大学2年生の時の一人旅でクーデター直後のカンボジアに入国しました。
まだポルポト派の勢力があった時代であり、地雷も深刻な状況でした。
カンボジアの歴史に直面し争いの愚かさや怖さを実感した旅。
今でも忘れません、子どもたちが白い棒を投げて遊んでいました。
それは人の骨でした・・・。
 
 
子どもがいて一緒にご飯を食べて寝る。
 
これがどんなに尊いことなのか。
平凡な日常がどれだけシアワセなことなのか?
気づいてほしい。
 
家族のために料理にチャレンジして手を切って泣きわめく子ども。。。
メンドクサイですか?うるさいですか?
体験から学び成長していく姿が見れます。シアワセです。
 
片づけができなくいつも散らかしっぱなしの子ども。。。
手がかかりますよね、その分、子どもは親の愛情をたくさん感じるでしょうね。
子どものために無償の愛をささげられる私たちはシアワセです。
 
 
日頃の忙しさや、繰り返される日常で見失ってしまったのならば思い出してみてくださいね。
 
平凡な毎日は非凡だよ!
 
家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
  2. 無人島合宿で有り難いを学ぶ

    一泊二日で行ってきました、無人島!   テントを張って、魚をとり、食べて寝るというシンプルな暮ら…
  3. 七転び八起きができる「場」をつくろうよ!

    縁側で手芸をしている長男です。 風邪をこじらせ学校を休んでいます。熱も下がって暇な時間に彼がチャレ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る