わしの息子は「体験」ばかりしてきたが引きこもりだ(怒)

わしの息子は「体験」ばかりしてきたが引きこもりだ(怒)
 
ある講演会でこのような意見が出ました。
 
「家庭から体験教育を始めよう!」という趣旨の講演会でしたが貴重な意見が出ました。
 
私はお父さんの考え方を丁寧に聞いていきました。
 
そして、息子さんが引きこもった理由がわかりました。
 
 
お父さんは息子さんを「一切認めていません」でした。
 
 
1)息子さんの気持ちを無視して強引に自然体験をさせていた。
2)どうせダメなんだから色々な体験をすべきだと、アキラメを息子さんに伝えている。
3)家庭に安心感よりも緊張感・・・。
 
私が提唱する「家庭たいけん教育」は「やる気のメカニズム」を伝えています。
 
なぜか?
 
体験をさせれば良いという短絡的な考えが増えているからです。
 
主体的な体験により可能性を拡げるのですが、魔法のように思われている方も多い。
 
だからこそ、大人に「やる気のメカニズム」も伝えています。
 
まずは、子どもを認めること。そこがなければ、体験は辛いことでしかありません。
 
子どもは親のコピーでもありませんし別人格を持った尊い存在です。
 
思うようにならないでしょう。思うようになる方が気持ち悪くないですか?
 
徹底した管理が正しいのですか?満足しているのは管理者だけですよ。
 
自立して幸せになってほしいのならば、体験よりも前に認めてください。
 
子どもたちはサインを出しています。
 
パパ、ママ、言うこときくから、、、認めて、、よ。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平
 

関連記事

よく見られている記事

  1. 取材受ける?

    テレビ取材どうする?

    テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。   家庭で体験教育についての取材です。 …
  2. 手をかけることで学べること。

    数年間使っていたイスがどうもしっくりきませんでした。 高くて落ち着かない感じです。いよいよ思い切っ…
  3. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る