体験 → 熱中 → 幸福感

海遊び たいけん教育

まだ水温も低いのに飛び込みまくりの子どもたち(笑)
 
寒いのに熱中して遊んでいます。
 
今回のキーワードは「熱中」
 
人はココロから熱中できることに出会えると幸福感が高いです。
 
熱中できるものとの出会いは「体験」が原点。
 
体験や人との出会いで熱中できるものにつながっていくのです。
 
『体験 → 熱中 → 幸福感』
 
昨今は体験の場が減少しています。
 
熱中できるものに出会う可能性が低いということ。
 
つまり、社会の幸福度も下がっていくということ。
 
 
世界幸福度報告書2017では日本の幸福度は51位。
 
 
もしかして、体験の場の減少の影響もあるかもしれませんね。
 
『体験できない → 熱中するものがない → 幸福感を感じない』
 
私が考える打開策は子どもも大人も小さなチャレンジなんだと思います。
 
面白そうだなとか、こんな人と出会ってみたいなとか、一歩飛び出してみること。
 
何歳からでも熱中することは見つけられます。
 
忙しくて時間がない人が熱中することを見つけ、自分で時間を生み出すケースも多い。
 
熱中は人生を豊かにします。
さあ、自分を信じて一歩飛び出そう!
 
家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 取材受ける?

    テレビ取材どうする?

    テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。   家庭で体験教育についての取材です。 …
  2. イライラする感情

    うまくいかなくてイライラするときは成長のチャンス!

    子どもは思い通りにできないとイライラすることがあります。   もちろん大人もです。   そん…
  3. 無人島合宿で有り難いを学ぶ

    一泊二日で行ってきました、無人島!   テントを張って、魚をとり、食べて寝るというシンプルな暮ら…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る