自分の気持ちを人に使ってあげればいい

小4の次男が学校の自習の時に書いた作文だそうです。
 
当初、人材育成の専門家として「まずいかも?」と思いました。
 
それは「いい子症候群」の恐れ。
 
教育に携わる私が子供にプレッシャーを与えているのではないか?
子供は良い子を演じているのではないか?
 
改めて客観的に子供を見ていたら、、、
 
兄弟ケンカはひどいし、親がひるむような自分の考えをぶつけてくるし、私のダメな点を指摘してくるし、思いっ切り感情をぶつけてくるし、、、
 
良い子悪い子ではなく「ひと」として自分の生き方を考えていました。
 
逆に学んだことは 「気持ちを使う」 こと。
 
気持ちを使うという表現は初めて聞いたけど、自分の気持ちを人に使ってあげればいいんだと。
 
なるほど~、そうだよね。
おとうも気を付けるよ。教えてくれてありがとう!
 
いつでもどこでも、気持ち。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 七転び八起きができる「場」をつくろうよ!

    縁側で手芸をしている長男です。 風邪をこじらせ学校を休んでいます。熱も下がって暇な時間に彼がチャレ…
  2. 平凡な毎日こそシアワセが詰まっている

    平凡な日常に不安を感じるママさんがいました。 家族の時間、、ご飯を食べ寝る。その毎日・・・ この…
  3. ピンチはこどもが伸びるチャンス!

    雨どいが壊れ、家の土間に水が浸入してくるようになりました。 ピンチはこどもが伸びるチャンスです…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る