「こども料理DAY」は幸せな人生をつくる!

今日は「こども料理DAY」だ!
冷蔵庫にあるもの何でも使って料理してイイよ!という日です。

こどもたちが冷蔵庫を見て、作りたいものを作ります。

親は一切声もかけずに手も出しません。
見ると言いたくなるのであえて見ません、我慢です(笑)

お兄ちゃんが弟に包丁の使い方を教え、教えることで学びになり、弟は料理の楽しさを学びます。

フリーな時間を作ることで兄弟でそだちあっています。

さらに、「自分たちで考えて決める」という行程があります。決まった「答え」に自分の考えを合わせるのではなく、自分で答えを作る機会となります。

自分で答えを作ることの延長線上は、「自分で幸せな人生を創る」ということです。

こどもたちにはできるだけ「自分で考えて決めて、自分の手で創り上げる」機会をつくってやりたいもの。

それが家庭でできるのです。

「こども料理DAY」ってスバラシイ!

では、どんな料理ができるのだろうと楽しみにしていると・・・。

な・・、なんと インスタントラーメンでした(笑)

まさかのラーメンですが、まあこれもこどもたちが考えて出した結論です。兄弟二人でできる料理を考えたとのこと。どんなことでもしっかりとした理由があります。ですから、おいしくいただきました!

もうすぐ冬休みです。ぜひ、皆さんも「こども料理DAY」をつくってみてくださいね!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  2. 七転び八起きができる「場」をつくろうよ!

    縁側で手芸をしている長男です。 風邪をこじらせ学校を休んでいます。熱も下がって暇な時間に彼がチャレ…
  3. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る