言葉には「背景」があることを意識していますか?

言葉には「背景」があることを意識していますか?
 
「大人は忙しいからご飯を作っておいて」と言うと子どもはどう思うでしょうか?
 
子供は しょうがない、、、仕方ない、、、と納得しないまま動くことになります。
 
時にはそのようなこともあるでしょうが、これが毎回にならないように気を付けること。
 
 
私は「しょうがない、仕方ない」が口癖の青年に出会ったことがあります。
 
様々な事象を「しょうがない」とあきらめているのです。
 
「しょうがない、さあ、今から何とかしよう!」という前向きならば良いのですが、
あきらめの「しょうがない」だから行動も中途半端。
 
解決すべき問題に向き合わず、何でも「しょうがない」でごまかしてしまう。。。
 
熱く生きるというよりも自信がない様子です。
 
 
これは言葉の背景が伝わっていないことで起こってしまいます。
 
私たち大人は言葉には二重のメッセージがあることを理解しておくと良いです。
 
「ご飯を作って」 の背景に
 
「親はきみを応援しているよ」
 
「親はきみの味方だからね」
 
という安心感も伝えることが大事なのです。
 
「ご飯を作って」という無機質な言葉だけでは、相手はやる気につながりません。
 
やらされているだけになってしまいます。
 
「ご飯を作って」という前提に、普段からのスキンシップや愛情の確認があるから、子供は前向きになるのです。
 
 
子供のお手伝いを頼むときは、言葉のテクニックではなく、子供を愛する気持ちを出すことが大事。
 
やはり日常の向き合い方ですね。
 
時には抱きしめたりと、とことん愛情を出していきましょう!
 

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
  2. ピンチはこどもが伸びるチャンス!

    雨どいが壊れ、家の土間に水が浸入してくるようになりました。 ピンチはこどもが伸びるチャンスです…
  3. 取材受ける?

    テレビ取材どうする?

    テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。   家庭で体験教育についての取材です。 …
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る