こどもには釣った魚を与えるのではなく、釣り方を教えたい。

『釣り』は 自立 を学ぶ最適な方法です!
こどもには釣った魚を与えるのではなく、釣り方を教えたい。

・自分で釣りの準備をする ⇒ 準備八割の大切さ 
・自分で釣ってみる ⇒ 行動の楽しさ
・自分でさばいて食べる ⇒ 食べる喜び

自分で考え、行動し、食を手に入れ、食べることまでの一貫性があります。

しかも釣れないと試行錯誤して何とか釣ろうと努力する(笑)
このように釣りは自分で食べていけるようになるための流れが詰まっています。

私たちはこどもを自立させるために育てているはず。結果を与えるのではなく、プロセスを体験させてあげたいものです。

ちなみに、砂浜の女王と言われる「キス」という魚です。私が釣れたのはクサフグ(雑魚)です。今回は息子に負けました。キスは天ぷらにして美味しくいただきました。ご家庭で釣りにいくのも家庭たいけん教育です。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 取材受ける?

    テレビ取材どうする?

    テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。   家庭で体験教育についての取材です。 …
  2. 無人島合宿で有り難いを学ぶ

    一泊二日で行ってきました、無人島!   テントを張って、魚をとり、食べて寝るというシンプルな暮ら…
  3. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る