時代が変わる時こそ、自代に向き合おう!

平成も終わり令和に変わる変動の時。

今月末で時代が変わります。自分自身の「自代」に目を向けてみませんか??

最近の私ですが、気が付けば、自分自身の棚卸をする機会が増えています。

自然と共に生き、自然の流れに身を任せてきた私の感覚。
 
 
「必要な時に必要なことが起きる」
 
 
これまで、自分の体験から生まれたココロザシを軸にチャレンジすることで、自分に必要な課題が現れ、成長につながってきました。
近頃は「今後のために、棚卸をするといいよ」とチャンスをいただいています。

ココロザシを持つと、周りの環境から成長させてもらえるんですね~。ありがたいことです!
 
では、ココロザシとはなにか?
自分の軸を明らかにする方法があります。
 
 
①なぜ、自分が今の仕事をするようになったのか?
(どんな体験があったからなのか?)
 
②その体験から何を解決したいと思うようになったのか?
 
③そのために、誰のコマリゴトを解決していくのか?
 
 
このように自分の歴史を振り返り整理整頓します。

ココロザシを明らかにすると、自分の周りで起きる出来事から「気づき」が生まれます。
自分に必要なヒントが出てきたと前向きに捉えられるようになるので、仮にマイナスな出来事でもストレスにならないのです。
 
 
逆に言えば、ココロザシで判断していないことはストレスになりやすいということ。
 
このココロザシが自分の強欲とか、目先のお金とか、であればより一層ストレスになり落ち込みますのでご注意を。
 
 
佐藤家では、子どもたちにも親の仕事の意義を語ります。
 
子どもたちが理解できなくてもいいんです。
それが親の背中。
 
子どもが成長していけば、いつか理解できるようになるでしょう。
 
 
平成から令和に変わる時こそ、改めて自分に向き合ってみませんか?

関連記事

よく見られている記事

  1. 子どもがネットですぐに答えを見つけない方が良い理由

    5年前に長男が庭に植えた桃とスモモの木も大きくなりました。   当時の彼のやりたいことは果樹園。…
  2. 平凡な毎日こそシアワセが詰まっている

    平凡な日常に不安を感じるママさんがいました。 家族の時間、、ご飯を食べ寝る。その毎日・・・ この…
  3. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る