「食」 が 「エサ」となっていませんか?

「食」 が 「エサ」となっていませんか?

毎日霧吹きして、しいたけを育ててみました。すると大量に!

こどもの頃は自分で育てたものを食べることや、手をかけるから食が豊かになることを体験しておきたいもの。

現代では忙しすぎて、食を楽しむのではなく、ただ食べるという「エサ」になっている人もいると言われています。

食が義務的なものになればなるほど、足元のシアワセに気づきにくい。
おいしいものを食べてシアワセということさえ思えなくなります。暮らしに余裕がなくなり、楽しむことさえできなくなります。

こどもの頃だからこそ料理したり、家で食べ物を生育したり、食の楽しみ方を学ぶべきです。

足元のシアワセを大切にできるようになるでしょう。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
  2. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
  3. ピンチはこどもが伸びるチャンス!

    雨どいが壊れ、家の土間に水が浸入してくるようになりました。 ピンチはこどもが伸びるチャンスです…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る