聞いてくれて、ありがとう。

こどもがいつも以上に話したがる時ってありませんか?

そんな時は質問などせずに真摯に聞きます。

何を言っているのかわからなくても聞くといいです。

一生懸命に目と耳と心で聞く。

ただそれだけ。

聞けば聞くほどこどもたちは満たされていきます。

昨今では様々な事件が起きています。

私たちが今すぐにでもできること。

それは目の前にいるこどもたちの話を聞いてあげることではないでしょうか。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 手をかけることで学べること。

    数年間使っていたイスがどうもしっくりきませんでした。 高くて落ち着かない感じです。いよいよ思い切っ…
  2. 七転び八起きができる「場」をつくろうよ!

    縁側で手芸をしている長男です。 風邪をこじらせ学校を休んでいます。熱も下がって暇な時間に彼がチャレ…
  3. ハチノコが大好物な息子

    数か月前からハチの巣が大きくなるのを待っていました。 そろそろ食べ時だと判断したようです。 ハチ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る