夏休みは大化けする時期

家庭でたいけん教育

子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。

オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとったようです。

よく見ると無理そうな計画も・・・・

しかし、夏休みはTRY&ERRORを繰り返せます。
何度も失敗しても良いのです。
完璧でなくても良いのです。

それよりも大事なことは「チャレンジ」していること。

夏はチャレンジして、自分の可能性が伸びることを「学ぶ」時期でもあります。

身体を使って、頭を使って、チャレンジする。

ではチャレンジはどこにあるのか?

「自然遊び」

夏の自然遊びはチャレンジが詰まっています。

携帯ゲームで遊ぶ・・・、それはもったいない。たまには良いでしょうが。
勉強漬け・・・、これももったいない。勉強も大事ですが、「遊びは学び」です。

忙しい親にとって夏休みは大変な時期でもあります。正直、子どものことをみれません。

しかしながら、お休みの日の数日で良いので、子どもと共に自然がある場所に行ってみてはいかがでしょうか。

何をすればよいのかわからないという方は、様々な場所に「自然学校」があります。

親子プログラムやキャンプを教えてくれる団体もあります。

ぜひ、親子で夏の思い出を作ってほしいと思います。

親も忙しいのですが、親子の自然遊びにチャレンジすることは孫の代までつながります。

子どもが親になった時、同じように自分の子どもに自然遊びを体験させるでしょう。家庭教育は次世代の家庭づくりなのです。

さあ、親子で育ち合える時期、夏がやってきましたよ!
夏を楽しみ、親も子も大化けしましょう!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
  2. 七転び八起きができる「場」をつくろうよ!

    縁側で手芸をしている長男です。 風邪をこじらせ学校を休んでいます。熱も下がって暇な時間に彼がチャレ…
  3. 手をかけることで学べること。

    数年間使っていたイスがどうもしっくりきませんでした。 高くて落ち着かない感じです。いよいよ思い切っ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る