カテゴリー:家庭でたいけん教育

  • 自分の気持ちを人に使ってあげればいい

    小4の次男が学校の自習の時に書いた作文だそうです。   当初、人材育成の専門家として「まずいかも?」と思いました。   それは「いい子症候群」の恐れ。   教育に携わる私が子供にプレッシャーを与えているのでは…
  • 家庭教育

    家庭教育とは?

    家庭教育とは? 家庭での教育のあり方を持ち、家庭で子供を育てることです。 では、どのようにして育てるのか? まずは私たち親が子供のための教育ビジョンを持つことです。 立派に育てる、何かのスポーツのプロに育…
  • お片付けの練習をさせましょう!

    お片付けは生きていく上で重要なスキルになります。 整理整頓は客観性を持たせ効率的な判断につながりやすく信頼も。 私が企業に勤め始めた頃、雑然としたデスクを叱られました。「整理整頓は他人のためでもある、自分のことし…
  • 体験が人生を変える理由

    イモの収穫をしました。 子供たちは天然有機肥料の実験もしていたようです。 やはり、土を良くすると成果が変わるとのこと。 想像していたことが実体験と結びついたようです。 家庭でたいけん教育の講演会でよくある質問…
  • 家庭にある身近なことに興味関心の種があります。

    「おとう、いいサバがあったよ」 早朝の魚市場に出かけ、仕入れてくる長男。 鮮度が良いからとサバを刺身にしています。 魚市場ではちょっと有名人になっているようです(笑) 市場のおじさんたちから鮮度の見方、締…
  • 家庭教育

    子供たちの理科離れは脳の発達にもったいない。

    昨今、教育界では「理科離れ」が叫ばれています。 これは先進国で共通して見られる現象。   理科の先生によると氷が溶けることを知らなかったり、ニワトリを4本足だと思っている子供もいるようです。   私は身近な自然…
  • 人生が変わるのは「出会い」廣道純さん

    OBSラジオ 廣道純さんのNever GiveUP‼の収録に行きましたよ~。   純さんはプロの車いすランナーで、シドニーパラリンピック、銀メダリストです。   初めてお会いしましたが、世界で活躍す…
  • 何が正しいか?というよりも、興味関心を持つこと。

    選挙は家族で行き、子供に雰囲気を体験させておくことが重要です。   「選挙に行ってもどうせ変わらんし・・・」 「どこの誰かもわからないので投票しても・・・」   というような青年の声をよく聞きます。   ア…
  • 無人島合宿で有り難いを学ぶ

    一泊二日で行ってきました、無人島!   テントを張って、魚をとり、食べて寝るというシンプルな暮らしが子供たちに大きな気づきを与えてくれました。   普段の生活で、、、   夜でも明るい電気のありがたさ・・・。…
  • 「無人島」合宿にチャレンジ!!

    佐藤家「無人島」合宿   いよいよ明日から一泊二日でチャレンジです。 家族会議で段取りをとりました。   私はサバイバルスキルなど教えるつもりはありません。 スキルやテクニックよりも大事なことは「ココロ」です…
やってみYouTube 家庭教育
ひとねるlab
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る