露木由美さん体幹トレーニングで姿勢改善

露木由美さんの体幹トレーニングをはじめて約2ヶ月経ちました。
横浜中華街に拠点を持ち全国から引っ張りだこの人気トレーナーです。
赤ちゃんの動作を基本にした体幹トレーニング。いったいどのような変化が出たでしょうか。

私は子供の時から痩せ気味で太れない体質でしたがここ数年はお腹周りだけお肉がついているいわゆる中年太りでした。
さらに、やせ過ぎの期間が長すぎて中性脂肪を蓄えやすい身体に。
ジムで筋トレをしていたのですが一部を強化するのみになっていたようです。

無鉄砲な筋トレで余計な筋肉になり姿勢も歪ませる。私の身体は知らず知らずのうちに不健康な身体になっていた。運動しているから大丈夫だと思っていましたが、実は間違った方法でした・・・。

 

プロから見ればトレーニングも無駄な努力? 

私は教育家として様々な方に「教える仕事」をしています。
頑張っているのに芽が出ない方もいます。その時は「やり方」を観察。
すると、うまくいかないやり方をしているケースが多い。
そこを気づかせて自分で修正できるように導けば、同じミスが出ても自分で解決できるように。
私は「やり方の重要性」を誰よりも知っています。

例えば子供のテストの点数が悪い場合、やり方を直すことで成績が向上するケースが多々あります。
テストの点数が悪い子は凡ミスが目立つのです。
テスト用紙を見ると計算途中が雑で汚く間違いに気づかない。
だから、丁寧にキレイに書くことを練習します。すると凡ミスが減っていきます。
やり方を変えるだけで結果が変わるのです。
 
 
身体に関しては素人の私。

今回、露木由美さんに「トレーニングのやり方」を教えてもらえ本当に良かった。
このまま知らずに歳をとっていけばどこかで身体が悲鳴をあげていたでしょう。
運動しているから大丈夫だと思っていてもプロから見れば間違った努力だったかもしれません。
また、子どもたちもトレーニングを通して自分の身体のメンテナンス法を学んでいます。
子供の時から正しい方法を知っていれば、自分の身体に歪みが出た時に気づけるようになるでしょう。
長男は農作業が大好きです。クワを持って畑を耕します。
足腰を使っているので体幹が強いかと思っていましたが、今度は前かがみすぎてバランスが悪くなっている可能性もあったようです。
 
 
幼少期からスポーツで運動能力が向上し身体が強くなっても、実はケガをしやすい身体になることも。
スポーツ訓練の良い点は一つのことに情熱を持って打ち込めるということ。
好きなことは困難や壁を乗越えレベルアップしていきやすいです。
このプロセスでメンタルも強くなる。
スポーツは身体も精神も鍛えられますので学びも大きいのですが同時に身体のメンテナンスもできるようになるとさらに良いと思いました。
スポーツのコーチは練習法などを教えられますが、身体のメンテナンス法まで教えるのは難しいこともあるかと。
根性論で無理をすればするほどケガのリスクも増えていきます。
根性が身に付いた人ほど病院に行かずに処置が遅れてしまっています。
結果、ケガがひどくなり選手生命も短くなる。
また身体のバランスを考えずにスポーツに必要な筋肉だけを鍛えることでケガにつながりやすくなる。

まちの部活の先生までユミさんのメソッドが浸透すればより安全にスポーツを楽しめる社会になるのではないかと感じました。

ブラック脳になる前に正しい身体を知っておく! 

私たち大人もパソコンやスマートフォンで手を前にしています。
座りっぱなしで何時間も仕事をしていて身体に良いはずがない。
慣れというのは怖いもので身体が辛い状態であることも脳が慣れてしまいます。
脳は平気になっても身体は慣れないので、溜まった身体へのストレスが暴発してしまいます。
このことはブラック企業にも当てはまります。自分にとって辛い状況が日常になると、この状態でも当たり前になります。
これが小脳のデータベース化です。
非日常により本当の自分のありたい姿に気づきますが、辛い状況が日常に慣れてしまい逃げだせなくなります。
次は逃げることが不安になり留まる決断をする。そしてストレスが溜まっていき暴発する。
だれでもブラック脳になる可能性があります。

だからこそ正しい身体の状態を知っておくことなのです。
身体と脳は直結しています。脳は勘違いするもの。

脳の勘違いは「身体が教えてくれる」のです。

自分の軸があれば惑わされないし、自分をコントロールできる。
身体の軸を整えるというのは人生の軸をつくることなんだと思います。

健康診断の数値は正しいあり方に戻すチャンス! 

健康診断で数値が出ます。身体の状態を見える化させることで病気の予見予知ができる訳です。
今では会社でも義務付けられる時代ですから、ほとんどの方が健康診断を受けられると思います。
困るのは数値が出てからどうするか?ということ。
私は中性脂肪が高くお医者さんのアドバイスは運動することでした。
主に有酸素運動です。
ユミさんのようなプロに言わせれば「体幹を整えれば姿勢も良くなる筋肉も身に付き、日常の動作で中性脂肪も減らせます。」ということ。
私たちは自然体の身体の使い方も知らないのです。

やはり、プロに教わった方がいい。

数値が出ても中々行動に移せない、時間がない、運動が苦手という方もいらっしゃると思います。
プロはやる気を高めるチカラを持っているからプロなのです。
ユミさんのカウンセリングを受けていると「早くやってみたい!」と勝手に動作を始めてしまいます。

2000組以上のカウンセリング実績は半端ない。やる気スイッチを入れまくってくれます!
健康診断の数値は身体の見える化。もし数値に偏りが出ているのならば改善すること。
改善すべきという数値が出たならチャンスです。
今まで身体に無理があったのにも関わらず脳が慣れてしまっていた。そこを教えてもらえるということ。
自分の身体を知り、正しいあり方に戻すチャンス。このチャンスを生かせば予防できる身体に変化させることができるのです。

親が正しい身体のあり方を身に付けて、人生の可能性を拡げる

ある親御さんからひとねるアカデミーに相談がありました。

「子供が否定的なことばかり言います。どうしたら良いでしょうか?」と悩まれていました。

お母さんのヒアリングをして気づきました。
お母さんが自分の想い通りにならないと怒り、テレビを見ては怒り、他人の足りない点を怒り、、、とマイナスを見る癖がついていました。
子供はお母さんの思考のマネをしているだけです。
お母さんは子供を認められないからまた怒る。

これがマイナス思考のスパイラルです。
お母さんのマイナス点が見える能力は「より良く効率化する能力が高い」ということ。
悪いところが見えるのは改善能力が高い証拠。
お母さんの強みを認めた上で、この能力を生かすために「マイナスになっている理由探し」の訓練をしました。
なぜ、マイナス状態になっているかと深めるのです。
この訓練によって相手の状況を客観的に捉えられるようになります。
相手の状況や気持ちを理解できるようになると慈しみや愛情脳が活性化します。
すると怒りではなく手助けという行動につながるのです。
非難され続けた子供よりも愛情を受けた子供の方が能力を伸ばしやすく幸福度も高い。
元々、マイナスに気づき効率化に優れているのでお母さんの変化も早かった。
結果的にお子様も落ち着いて行動するようになりました。

ここで言いたいのは、「子供は親の思考をマネ」ます。

日常ですから小脳にデータベース化されやすいのです。
だからこそ、身体に関しても正しいあり方を身に付けようとする親の背中を見せてあげたい。
親も一人の人間であり人生の可能性を拡げたいと行動すればいい。
私たち親だけでは完璧でもありませんし、足りない点もあるもの。
第三者のプロコーチに教わりながらやればいいし、子供たちも親以外の関わりを持つことで刺激になります。
親も学ぶ姿を見せながら可能性を拡げていく。
子供たちに人生に前向きにチャレンジすることを教えたいからこそ、自分の身体を通して示すのです。

ではトレーニングの結果どうなったか?

数値で言えば中性脂肪も下がり、お腹周りもスッキリです。

露木由美さんの体幹トレーニングはこれだけではありません。
身体がうずきます笑 朝起きると運動したくなるのです。

身体のコリがあればストレッチをしたくなります。
正しい状態の身体を記憶しているので、自然と運動してしまいます。
中性脂肪を減らすために運動しないといけないという思考ではなく、自分が運動したいから運動するという自らのやる気が活性化している。
座ってパソコン仕事をしていても、立って血流を流すようになりました。
これが無意識にできる。また食べたい物も変わってきます。
以前は油ギトギトの濃い料理を好んでいましたが、あっさりすっきりしたものを身体が欲しています。
食物繊維が多いもので噛む回数も増えています。

仕事でも「前からパワフルだけど、さらにパワーアップした?」と聞かれます。
もしかして暑苦しくなったのかも笑

私は過去、一気に若白髪が多くなった時期がありました。
白髪は遺伝や老化と言われますが今考えればストレスを感じていた時に増えました。
やはり白髪はストレスも大きいように思えます。
白髪についてはあまり気にしていませんが白髪が黒髪まで改善してきたら驚きですね。
ユミさんならやってしまいそうな信頼感が持てます。これぞカリスマトレーナーです。

トレーニング内容です。
詳しくは動画もあります。

<

赤ちゃんの姿勢が基本体勢のトレーニング法です。
仰向けで手足を拡げます。
大きな声で1から10まで数えます。声を出すことで体幹を安定させるスイッチが入ります。
また横隔膜の働きが活発になり深い呼吸もできるようになります。
内臓脂肪が減少していく感じもします。

 
うつぶせ飛行機
先ほどの逆のパターンです。身体が固くなっているとできません。
当初、私はできませんでしたが、今では楽にできるようになりました。
赤ちゃんのうつ伏せは時期によっては背骨の形のCカーブを考えると不自然な体勢ですが
身体の前面が伸びるので肺が拡がり呼吸も強くなり発達には大切な体勢です。
歩きだしてからも、現代の生活ではどうしても身体の前面を使う体勢ばかりになりがちで、
そうすると前に丸くなることが多く、姿勢が悪くなります。
ですのでこのうつぶせ飛行機の体勢は背面の筋肉をたくさん使うので
背筋や首などの筋力も発達し姿勢が良くなります。

 
ハイハイ前の動作
ハイハイをする前の状態から目の前の物をとる動作です。
身体が凝り固まっていると肩が上がりません。
目の前の情報だけではなく視野を拡げるビジョントレーニングにもなります。
つまり、身体の筋力をつけながらも脳を鍛えることもできます。
案外、大人の方が難しいかも。子供の頃って身体を自由に使えていたんだなあと実感する運動です。

便利さの裏側にあるチャンスの損失 

ここに出しているのは一部の内容です。
ユミさんはレベルに応じて指導してくれます。
子供も大人も赤ちゃんの基本動作から学ぶこと。それが身体の基本になるんですね。

赤ちゃんの頃って体幹を鍛えるのに大切な時。

今では赤ちゃんが自由に動き回れないイスなど販売されています。
このような便利な道具は親が忙しい時には助かりますよね。
動き回って事故につながる方が怖いですから。

しかし、その便利な道具に頼り過ぎてしまうと赤ちゃんの体幹を鍛えるチャンスを失わせていることになります。
まさに道具は使いようなのです。

私が家庭でたいけん教育を伝えているのも同じこと。
今は便利で快適な生活が送れます。
そのことで子供の貴重な体験の機会も失われています。
人は体験から学んでいきます。
これは古来から現在に至るまで変わらない成長法です。
どんな未来になっても変わらない教育の原点。
家庭は日常のあり方が育まれる場ですからお手伝いを通して生きる基本技能を身に付けたり考え方や捉え方を学ぶチャンスがあります。

家庭の中で体幹を整えられる画期的なトレーニング 

ユミさんから教わったことを日常の動作に取り入れています。
料理をする前には正しい姿勢に。
ゴロゴロと横になる時もストレッチポールで肩と背中の筋肉をほぐす。
窓ふきは普段使わない筋肉を鍛え、柔軟性を高めるトレーニングにもなります。

まさに一石二鳥。

基本動作を知ると応用ができるようになります。
私は腰痛持ちで鍼治療から整骨院まで何年も通っていました。
悪くなったら治療しての繰り返し。根本的な解決にはならずお金も時間もどれだけ失ったでしょうか。

ユミさんの話では、膝が悪く病院に通うことが解決法だと思っていた女性がいたそうです。
エステや接骨院での治療代を合計すると約80万円。

時間も含めるとどれだけの損失でしょうか。

私たちは悪くなれば病院という意識が刷り込まれています。
しかしユミさんはゴッドハンドの持ち主。
この女性を一度で改善させたとのこと。
もし、80万円あればどんなチャレンジができるでしょうか?

自分自身の新しい挑戦や余暇、好きなものを食べるでもいい。
可能性を拡げることができたということ。
身体のメンテナンスが人生を変えると言っても過言ではないでしょう。

健康というのは本当にかけがえのないものです。

身体の使い方の基本を教えてもらい、メンテナンス法を学び、日常の中で鍛えていく。
このようなホンモノの学びこそプライスレスなのだと思います。

また、体幹が整うことで姿勢が改善されます。
猫背もだんだんと変化してきます。
姿勢が改善されると身体全体に血流がいきわたることになります。
脳にもプラスになるのです。
子供たちの学力を高めたいという親御さんも多いかと思いますが、姿勢を正すことで集中力や学習力も高まります。
運動することで脳が活性化状態になります。
子供の体幹トレーニングが脳を鍛えることにもつながるのです。

ユミさんメソッドは西洋医学と東洋医学を統合させた代替医療のようなものだと感じました。
ここまで化学が発達していますが身体に関してもまだ解明されていないことも多々あります。
外部的な手術の必要性もありますが、身体の自然治癒力を高める方が効果の出る時もあります。
ユミさんは西洋医学的なことも活用しながら身体の持つパワーを引き出し改善につなげているかもしれません。
言ってみれば今までにない新しいメソッドなのです。

もしかして近い将来、学校の体育の中で身体のメンテナンス法も学ぶ時代になるかもしれませんね。
なぜならば身体は一生付き合うものです。
脳も身体をうまくコントロールできるようになることが人生を豊かにするのだと思います。
露木由美さんの赤ちゃんの動作を軸にしたトレーニング法が拡がっていくとを望みます。

うちの子供たちに子供の時期に教えてもらえてよかった!

赤ちゃんのことでお困りやお悩みがありましたら、露木由美さんに相談されてはいかがでしょうか?

露木由美さんのHPはこちらです。
→ → → ベビー&スマイル

→ → → 露木由美さんの体幹トレーニング 他記事

~追記~
露木由美さんがTBS、爆笑問題がMCの爆報THEフライデーに出演されます。
赤ちゃんの体幹についてのようですが、ユミさんメソッドのすごいところは大人にも絶大な効果が出ること!
長男が部活動を始めましたがやっぱり学校教育でも取り入れて欲しいなあ。

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  2. 取材受ける?

    テレビ取材どうする?

    テレビ大分さんの番組から取材のオファーがありました。   家庭で体験教育についての取材です。 …
  3. 手をかけることで学べること。

    数年間使っていたイスがどうもしっくりきませんでした。 高くて落ち着かない感じです。いよいよ思い切っ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る