講演・セミナー 学びたい!!

ひとねるアカデミー 講演・セミナー

  家庭でたいけん教育 講演・セミナー  

演題

・お手伝い、勉強、遊び!子どもがドンドン主体的になる「家庭たいけん教育」とは?
・体験教育のプロが教える やる気スイッチが入る魔法の習慣

講演内容

「体験が大事なことはわかっているけど、、、どうすればいいの?」
「自然体験をさせたいけど難しそう、、、」
昨今、体験教育の重要性が叫ばれていますが、体験不足問題は解決されていません。
それは方法がわからないから。
体験不足がどんな影響を及ぼすのか?
体験が子どもの未来にどんな影響を与えるのか?
家庭の中で体験教育をすることで「やる気」につながり、可能性を拡げられます。
誰でもできる簡単な体験教育法などをわかりやすくお伝えします!

実績

保育園・幼稚園保護者講演会 / 小学校PTA講演会 / 市町村開催子育て講演会
家庭教育学級講演会 / 生活協同組合(CO-OP)講演会 / 青年会議所主催講演会 / 商工会主催講演会 /
男女共同参画社会 講演会 / 

参加者の声

~保育園・幼稚園・小学校・PTA・教員研修会・商工会など

危ないと親が先回りをして体験させないことはもったいないと思いました。
子供の興味のあることはできるかぎりやらせてあげたいです。

時間がない(忙しい)、面倒(疲れている)など
自分に都合良い理由をつけて、ダメといっていることが子供の可能性をうばっているゆうことが勉強になりました。

体験は大事なことは知っていたが、実際どのように実践したら良いのか、体験不足がどんな結果になるのかまで考えていなかったので知ることができた。

普段子供に対して怒ることが多かったので、今回の講演をきいてもっと最初に否定するのではなく、体験させてわからせることを教えなくてはいけないなと感じました。

「ダメダメ!」言っている自分を少しずつ変えていきたいと思いました。
まずはやらせてみようと思える自分の心の余裕を持てるようにしたい。

いい事、悪い事の教え方、みつけ方がわかった。
コミュニケーションが楽しくとれそうな気持になった。

このような内容は定期的にくり返し聞くことで親も実践につながっていくことと思います。
全く同じ内容でもいいのでもう一度二度おききしたいです。

自分自身、子供に指示をしすぎている。
口をはさみすぎている。自分が忙しいので自分の生活に子供を合わせてしまっている。気をつけないといけないと思う。
今日は私自身、とても為になったと思います。
子供を自分の所有物であるかのように扱っているような気がします。
よく「どうせ言ってもムダだから・・・」「どうせ・・・」という子供の声を聞きます。まさしく子供を認めてあげてないんだなと思います。
私自身反省しています。

料金

※行政・PTAからのご依頼は、極力ご予算に合わせます。まずはご相談くださいね!
講演・セミナーについてのご依頼、ご質問はお問い合わせよりお願いします。
お問い合わせ

→ 家庭たいけん教育講演会ご案内資料講演会開催検討時にお使いください。
講演会開催のご案内資料 ダウンロード用(PDF:420KB)

  青年教育 講演・セミナー  

演題

・人生が変わる授業
・体験教育プログラム(先生と共同開発)
・キャリア教育

実績

国公立大学講義 / 私立大学講義 / 青年教育イベント講師 / 専門学校講師
企業新入社員研修講師 / 企業スキルアップ研修 / 中間管理職研修・幹部研修 /

参加者の声

~大学・サークルなど~

今日の授業を受けて私は初めてこの授業を受けてよかったと思いました。佐藤さんの言葉はどの言葉も説得力があって、一言ももらさずききたい!!と思いました。
まず1番に感銘を受けたことは、常に「どうしたらいいか?」ということを楽しんでいる、ということです。私はなかなか自分の考えをなかなか話すことができないです。だから、お互いの意見を出して考えてみましょう!という場所がとてつもなく苦手です…。楽しいなんて思えないです。だからこそ佐藤さんがすごいと思ったし、行動力があってうらやましいなと思いました。私は自分のことがあまりすきではありません。優柔不断で決断力がなくてなかなか行動にうつすことができません。やりたいことがあっても明日、明後日・・・と先のばしにしてしまいます。だけど佐藤さんがおっしゃった「青年期は磨くこと。今興味ある!ことを行動してみる」ということをきいて、やっぱり自分を変えたいなと思いました。やりたいと思ったことがうまくいかないかもしれないけど、その経験が自分を磨いてくれるはずだと信じたいです。「いっぱい自分を磨けるということは可能性を磨くということ」自分が1人の人間として自分のことを今よりもすきになれるようにもと自分を磨いて可能性を磨きたいと思っています。

そんなの理想、きれいごと。そういう風におもってしまうお話がある中で、佐藤さんのお話は、「すごい。おもしろい。」そんな言葉しかでてきませんでした。
現実を見たら。なんだか理想と違って、それでも流されていくのが大人なんだと思っていました。何かあっても、今のままでいるのが楽だし、それが大人だし。諦めていることがたくさんある気がしてきました。
上手くいかないことに抗って、理想を語るかっこよさを、私ははじめて見ました。

佐藤さんの講義は、とてもおもしろかったです。話し方は聞き手の興味を引きつけるような話し方で、話し内容も、事業についてのことだけではなく人生について考えさせられましたし、考え方を学ぶことができる内容でもっと佐藤さんの話を聞きたかったです。
佐藤さんが言われていたように大学で自分を磨き、4年後には今とは違う自分に成長できるように努力していこうと思います。私も将来、人に自信をもって何かを伝えられるような人になって、人の役に立つ人になりたいと思います。
本当に今日の授業は人生が変わる授業だったと思います。
ありがとうございました。

「習ってないからできない」という言い訳を今まで使ってきたが、「習ってなくてできないなら自ら質問をして理解する」ことができる人間になっていこうと決意した。人間は教育するものと学ぶものがいつでも存在して、これから教育するものにもなっていく私は、出会う生徒1人1人をロボットにせず、人間として「生きた経験」をしっかり教えていきたいと思う。佐藤先生の体験を聞いて自分と向き合っていこうと思った。

講義が始まる前に配られた配布物に、“人生が変わる授業”とありました。本当か?と思っていましたが、いざ90分受けてみると自分のこれからの人生に対する見方や考え方が結構変わったと思います。佐藤さんのお話を聞いているときは引き込まれるような90分間で、時間がとてもあっという間に感じました。
この講義をうけて本当に良かったです。正直将来のことについてはマイナスイメージしか持つことができませんが、「今」のこの時間が大事だと思うので、大学生のうちにしかできない経験をこれから先して、自分の人生を豊かにしていくためにいろいろなことにチャレンジしていきたいと思います。

自分のものさし、直感を信じるのも大切だと分かった。
生きていくためのヒントをもらった。佐藤さんの講義は胸にすっと入ってくる内容が多くて、聞き終わったあとはすっきりとした気持ちになった。考え方も納得できる点が多く、新しい物事のとらえ方、考え方の選択肢が増えた気がする。佐藤さんの講義を聞くことができたのは、私の生き方を少し変えるいい機会になった。

今回の授業では、パワーポイントや「一寸先は闇」の自分が輝き、他の人と集まって光を創れ、などの言葉など、今までで特に印象に残るものとなりました。しかし、一番心に残ったのは、先生の生き方だと思います。
私は自分に何が出来るか、何が好きなのかよくわからないので、それを探すことを目標にしたいと思います。

今回の講義の感想はとてもすごかったということです。佐藤さんのこれまでの実績、経験を元にどんな場面でどんなことをすべきなのか非常に説得力のある話で圧倒されました。

まず小さなことからでも「行動」してみようと思いました。今までは、なかなか行動にうつすことができなかったけどそれはとても損しているし、自分を自分で裏切っていると思いました。いろいろなことをシンプルに捉えて、自分を信じて将来のために突き進んでいこうと思います。本当に有難うございました。

講演・セミナーについてのご依頼、ご質問はお問い合わせよりお願いします。
お問い合わせ

ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る