畑大臣 自分の畑を管理する小学生

佐藤 畑大臣です。

うちでは長男が責任を持って畑仕事をしています。
私はどこに何が植えられているのか知りません。
四季の移ろいを肌で感じ、食で感じ、素直に「美味しい」と思う体験。

「自然に感謝する」という言葉はありふれていますが、言葉の本当の意味を理解できるようにしてあげることが私たち大人の役割ではないでしょうか。

しかし、都会では簡単に畑作業なんかできないですよね。

私たち佐藤家は当初アパートに住んでおり、自分の畑など持っていませんでした。

子どもたちと生活を楽しみたいと考え、アパートのベランダにプランターを置き、小さなお花を育てていました。

そのツミカサネのおかげ?で長男は立派な畑大臣になりました。

家庭でできる「小さな体験」が「大きな成長」につながることを子どもたちが教えてくれました。

さあ、家庭でできる小さな体験を楽しみましょう!

家庭たいけん教育 ひとねる
代表 佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
  2. 家庭で焼き芋!! 焦げ焦げの失敗がいい!

    家庭 焼き芋 コゲコゲの失敗がいい!   私たちの焼き芋はお風呂の残り火を使います。 火が落ち…
  3. うちの子がサメをさばいていました

    サメってどうやってさばくん?と思わず聞いてしまいました。 長男が魚市場で買ってきたのはサメ。値段2…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る