答えはわからなくても、興味関心の種を植えること

臼杵竹宵祭りです。
竹を切りロウソクを入れ城下町に並べます。
全国では竹が増え困っていますが、コマリゴトを楽しみに変えている取組です。
 
私は地域の祭りは子どもにとって大きな学びだと考えています。
歴史や伝統を体験できるからです。
 
「なぜ、この祭りがつくられたのか?」と子どもたちが歴史に関心を持つ体験ができます。
 
「我が町の先人が守ってきたことは何か?」
「私たちが残すべきことは何か?」
 
そんな視点を持てるようになれば、社会に対しても無関心ではなくなります。
 
民主主義の最大の弱点は無関心だと言われています。
子どもの頃に地域に参画し、社会の豊かさを学んでおくこと。
それが私たち大人が子どもに伝えるべきことの一つだと思います。
 
大人は親子で「祭り」を楽しんだ後に聞いてあげてくださいね。
 
「なんでこの祭りが生まれたんだろうね?」
 
答えはわからなくても、興味関心の種を植えることができます。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 海

    人は「人生を楽しむこと」を学ばないと!!

    アソブ、アソブ、アソブ、アソブ、 メシ、アソブ、アソブ、アソブ ネル、アソブ、アソブ、アソブ・・…
  2. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
  3. 家族会議

    東洋経済オンライン 家族会議のすすめ 

    東洋経済オンラインさんの「家族会議のすすめ」の取材をしていただいた記事にたくさんの反響をいただきまし…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る