ココロのままの子ども

子どもはココロのまま生きています。
自分の直感でやりたいことが次々と生まれてきます。
 
そこで大人が「なぜ、やりたいのか?」を突き詰めることで、「今を生きる」子どもをアタマの世界に引きずり込みます。
子供は理由を言えないとやらせてもらえないから、アキラメルかアタマデッカチになっていきます。
 
私たちはついつい、なぜ?を突き詰めてしまってないですか?
私も質問してしまうこともあるのですが、自分の子どもの頃を思い出すようにしています。
暗くなるまで少しでも時間があればとにかく遊びまわっていた頃。
理由もなく思いつきでココロのまま判断していた頃。
なぜ、そんなことをしてるの?と言われても答えられない・・・。
訳もなくアホだったあの頃。(今も変わらない!?)
 
子どものやりたいことは子供が「自然体」だから生まれてきます。
自然体の状態こそ価値ある時間。
この時に直観力が磨かれていき、自分らしさの発見につながるのです。
 
反対のアタマデッカチの状態は無理やりに意味づけすることで自分らしさを出せなくなります。つまり自分を失った状態。そんな時は楽しくないし苦しいもの。
 
子どもが自然体な時に大人のモノサシで邪魔しないようにしたいものですね。
 
4月は新しいチャレンジが増える月。
大人がちょっと意識するだけで子ども達のチャレンジの場を作っていけます。
 
自然体の子どもたちを認めていきましょう!
 
家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. リスクに強い子に育てるには?

    西日本豪雨でなくなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心…
  2. 教えない、大人が決めない、子どもに任せるとどうなる?

    私が高校3年生の頃、偏差値は37。 大学に行くために勉強を始めると半年で60まで上がりました。 …
  3. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る