お風呂焚き

夕食時に話題になったお風呂について。
 
「普通のお家はお風呂の確認は何て言うんだろう?」
 
「お風呂 いれた?かな~。」
 
「うちでは、お風呂 たいた?やなあ。」
 
「おうちによって言葉も変わるんやなあ~」と盛り上がりました。
 
私たち家族がセルフリフォームした時にこだわったのが薪のお風呂。
 
子どもの教育のためです。
 
火を扱うのでリスクに対しての直観力が上がります。
火を大きくする手順を理解し段取り力が上がります。
熱の動きなど理科に強くなります。
 
それよりも大事なことは【捉え方を学ぶ】こと。
 
メンドクサイ ↔ 楽しい!
火は危険 ↔ あったかい!
苦労 ↔ 成長のチャンス!
 
マイナスなことでも捉え方を変えればプラスです。
 
子どもたちは実体験により捉え方を学んでいきます。
 
このチカラが身に付けば、一寸先は闇の社会でも力強く生きていける。
 
子どもの時にこそ身に付けさせたいのは捉え方。
 
子どもたちにたくさんの体験の機会をつくっていきましょう!
すべては小さな一歩から。
 
家庭でたいけん教育を!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 教えない、大人が決めない、子どもに任せるとどうなる?

    私が高校3年生の頃、偏差値は37。 大学に行くために勉強を始めると半年で60まで上がりました。 …
  2. 子どもには無理

    私はこの言葉をたくさん聞いてきました。 子どもの教育に携わってきて、以下のように考えるようになりま…
  3. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る