自分の気持ちを人に使ってあげればいい

小4の次男が学校の自習の時に書いた作文だそうです。
 
当初、人材育成の専門家として「まずいかも?」と思いました。
 
それは「いい子症候群」の恐れ。
 
教育に携わる私が子供にプレッシャーを与えているのではないか?
子供は良い子を演じているのではないか?
 
改めて客観的に子供を見ていたら、、、
 
兄弟ケンカはひどいし、親がひるむような自分の考えをぶつけてくるし、私のダメな点を指摘してくるし、思いっ切り感情をぶつけてくるし、、、
 
良い子悪い子ではなく「ひと」として自分の生き方を考えていました。
 
逆に学んだことは 「気持ちを使う」 こと。
 
気持ちを使うという表現は初めて聞いたけど、自分の気持ちを人に使ってあげればいいんだと。
 
なるほど~、そうだよね。
おとうも気を付けるよ。教えてくれてありがとう!
 
いつでもどこでも、気持ち。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. おとうはアホアホ作戦 (おとう=お父さん)

    家族で車に乗ってショッピングモールに行きました。 自然の中で遊ぶことが多い佐藤家にとって滅多に行か…
  2. ハチノコが大好物な息子

    数か月前からハチの巣が大きくなるのを待っていました。 そろそろ食べ時だと判断したようです。 ハチ…
  3. 学校が変革している・・・

    『学校が変革している・・・』 中学校の先生から相談がありました。 最初は総合学習内での「…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る