チャンス到来かも?!老後に2,000万円 子育て一人2,000万円 

とにかくお金がかかる社会。
子育てでは、一人につき2,000万円が必要と言われていました。
さらに今回は追い打ちの老後にも2,000万円!?
年金はどうなったのか?と問題点や課題にも向き合っていきたいのですが、私たち個人ではコントロール不可能なこともあります。
そもそも、人口減少の時代です。
高齢者を支えるのは若者。
 
財務省さんでは2025年には65歳以上の方ひとりを1.8人で支えることになります。
昔の常識では変化に対応できません。
 
このようなピンチって、歴史を学んでいくと、どんな時代でも起こってきたことなんです。
ず~と安定はなく、ピンチと安定の繰り返し。
人類というのは、ピンチを糧に解決策を生み出してきたんです。
 
ピンチをチャンスに変えた人たちの共通点は、誰かに期待するのではなく、まず自分自身のできることから考えること。
 
今回の、老後に2,000万円という数字が出てきたのはチャンスです!
 
この時に「大変だ、稼がないといけない」と思う前に、自分の本当に目指す豊かな人生とは?を考えるキッカケにしては良いのでは?
 
佐藤家の暮らしは、海、山、川があり、スーパーや病院も近くにあります。
自然とまちの共存ができるところに住んでいるんです。
まちとは言え、庭に畑があり野菜を育てられます。
魚を釣れば夕食を確保できる。しかも、釣りは私の趣味。
お風呂は薪ですから、燃料代を削減できます。
この薪の確保は、廃材をもらったり、荒れた山の間伐材であったり、、、
 
これは私が望んだ豊かな暮らし。
 
実は、そんなにお金を必要としないんです。
食も新鮮な魚を食べられて、畑で無農薬の野菜を育てているので健康的。
薪のお風呂はメンドクサイです。薪を割ったりと重労働。
でも、日常で身体を動かすチャンスになります。
 
私の仕事は研修や講演。またまた地域のブランディング戦略の構築やデザインになります。
パソコン仕事や室内が多い。
これまた、身体を動かす機会が少ないんです。
そんな時にはカヌーに乗って釣りに行き身体を動かし、食材の確保をする。
 
私は自分の意思で仕事とマインドフルネスを両立させる生活パターンにしています。
さらに、子どもの体験値も増やす教育ができます。
 
このシステムによって、自分のポテンシャルを最大限に発揮できる環境にしているんです。
仕事も全力で向き合えるので、成果につながり、ご紹介も増えていきます。
 
ネットを使えば、どこでも仕事ができる時代。
私たちって、自分の本当に目指す豊かな人生を送れる時代でもあると思います。
さらにAIが発達したり、5Gの環境になれば、さらに加速する。
無限の可能性がさらに、さらに広がっていくんです!
 
 
この機会に皆さんの3Dのメガネを外しませんか?
 
え?3Dメガネって何かって?
 
「でも、だって、どうせ・・・」という言い訳の見方をするメガネです。
 
これを私が勝手に「3Dメガネ」と名付けました笑
 
私、いつも言われるんです。
それは佐藤さんだからできるんでしょ・・・。
3Dメガネをかけて、特別な存在として見られているんです。
 
そんな時は、こう言います。
私だからこそ望んだ暮らしです。あなたが本気で望めば、あなたらしい暮らしができますよって。
どんな生活がしたいんですか?って。
 
 
これからは本当に私たちが望むことができる時代。
ピンチではなく、チャンスの時代と捉えませんか?
 
子どもたちに「これから人口減少で年金の負担もお前たちが・・・」とマイナスなことばかりを伝えてどうするんですか?
 
ますます希望を失い、大人になるのは嫌だと思うでしょう。
 
大人だからこそ、自分の人生をつくれて楽しくなる!と伝えられるのは私たち大人です。
さあ、心にある3Dメガネを外して、チャンスに目を向けていきましょう!

P.S 
もちろん、お金も大事ですよ。お金の価値を認め、お金に振り回されない生き方ができること。
老後に2,000万円って、子育てに2,000万円って、税金はどこにいってるのでしょうか~?
私たちが政治に関心を持って動かないと、投票率約50%では想いは反映されないと思います。
色んなピンチな情報が出ています。そんな時こそ自分たちに向き合うチャンスにしたい!
 
ひとねるアカデミー 佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
  2. 海

    人は「人生を楽しむこと」を学ばないと!!

    アソブ、アソブ、アソブ、アソブ、 メシ、アソブ、アソブ、アソブ ネル、アソブ、アソブ、アソブ・・…
  3. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る