子どもがいると大変 → 子どものおかげ!

夏休みの家族会議

いよいよ夏休み!
正直に言えば、親としては大変です・・・。
しかし、大変なことを感謝に変えることができます!
 

毎年恒例の夏の過ごし方会議を行いました。
 
司会進行と書記は長男。
 
まず、夏はどうしたいか?ということがテーマです。
 
・海に行きたい!というのが子どもたちの意見。
 
そのために、シッカリとご飯を食べる、水分補給など健康面の考えが出ました。
 
・お昼のご飯作りは、子どもたちが担当することになりました。
 
・宿題ですが、次男は昨年よりも改善してみることになりました。
(長男は毎回3日程で終わらせるが、次男は8月中旬までかかったのでもっと早く終わらせるとのこと)
 
・掃除は気づいた人がやることになりました。
 
 
このような家族会議を小さい頃からやっていると習慣化されます。
 
面白いのは、子どもたちは確実にレベルアップしているということ。
 
自分たちで考え、自分たちでやってみて、自分たちで改善しているからでしょう。
 
親のスタンスとして気を付ける点は、余計な口出しをしないということ。
 
「まず、やってみよう!」というスタンスにより成長するプロセスが生まれるのです。
 

成長すれば親が大変な時も支えてくれます。
 
そして、家族で感謝できるようになるのです。
 
夏はチャレンジの時期!

 
成功や失敗は後の意味付けに過ぎません。まずはやってみましょう!
 
ひとねるアカデミー
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  2. 海で思いっきり遊ぼう!親子で学ぶ体験教育!

    この夏、臼杵市さんとコラボ企画を開催しました! 子どもは思いっきり海で遊ぶ! パパ、ママは子…
  3. ママさんからの相談「どうしたら、すぐに動く子になるんですか?」

    ”うちの子どもは言っても動きません。朝もギリギリに起きてきます。 だから、叱ってばかりなんです…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る