ラグビーワールドカップ2019 ニュージーランドvsカナダで大興奮!!

家庭でたいけん教育で大切にしていることは 「一流にふれる」こと。
理由は、一流を感じ取り、ポジティブな気持ちにやる気を高めていきたいからです。

一流とは、「素質」と「好き」が掛け合わさっている状態です。
好きなことに、自分自身の強みを生かされるので「努力」ができるようになります。
努力が努力と思えない程好きなので、とことん向き合っていける人たちです。
だからこそ、人よりも高レベルなことができます。

この一流の人たちにふれていくと、人は感化されていきます。

こんな実験がありました。

いつも愚痴を言ったり、ネガティブなことを話題にしている中にいると、自分自身もネガティブになるということ。怒りや暗い表情も同様です。
この中にいると、血流が悪くなりストレスを感じやすくなり、「脳機能の低下」が見られたのです。
ネガティブさをパワーに変えていくことができれば良いのですが、ただの愚痴や批判ばかりの中にいると自分自身もダメージを受けていきます。
しまいには、同じような思考になり、いつしか自分自身も批判的なモノサシになっていきます。

気づかないうちにですよ。

いつの間にか、どんどん視野が狭くなっていくのです。
そして、自分自身も愚痴を言ったりネガティブな話題にフォーカスするようになります。

人間の感情とは伝染していくもの。

怖いですね~

この理論を逆に利用します。

ポジティブであったり、一流の人たちに触れたりすると、自分自身にもプラスの影響を受けます。
憧れの人を見たり、気持ちの高まりによって、ドキドキしますよね。
これが、ドーパミンを分泌させ、やる気にスイッチを入れるのです。

こんな実験もありました。

ポジティブな思考の方たちの中で仕事をすると、どうなるか???

なんと、自分自身の仕事の効率や成長率が高まるということがわかりました。
自分を成長させたい人は、ポジティブな人たちと関係性をつくっていくことが効果的ということも研究でわかっているのです。

では、ワールドカップに出るような方たちはどちらでしょうか?

世界の頂点を目指すような方たちはポジティブですよね。
世界最高峰のレベルの方たちを見れるというのは、本当に尊い機会なのです!
一生に一度の機会が大分に!
ありがたい機会をいただきました。

そうそう、私はニュージーランドのオールブラックスを応援しています。

なぜか?

実は、私はニュージーランドのクライストチャーチに短期留学をしていました。
ホームステイをさせてもらい、たくさんお世話になったんです。
ホストファミリーの方にラグビーの観戦も連れて行ってもらったんですよ。
当時はルールもわからなくてビールばっかり飲んでいましたが。

では、大分スポーツ公園総合競技場です。練習風景から熱気がムンムン!

オールブラックスのハカで会場は大興奮 すごい歓声でした!

大人はビール、子どもたちはつまみを食べながら観戦!

試合結果は63-0でニュージーランドの勝ち。

今回はニュージーランドの応援をしましたが、もちろん日本に勝ってほしい!!!!
日本はアイルランドに勝ち、勢いがのっているのでこのまま決勝に進出してほしいですね。

佐藤家では、今やラグビーブームです!
ただ観戦をするだけではなく、興味を持った時がチャンス。

場所や歴史を調べて各国の試合を観戦し、
そして、ラグビーボールも購入して、パスの練習などしながら走り回っています。

一つの体験で終わるのではなく、次の体験につなげることが大事ですよ!

それが親のできるサポートです!

一般社団法人 ひとねるアカデミー
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. ハチノコが大好物な息子

    数か月前からハチの巣が大きくなるのを待っていました。 そろそろ食べ時だと判断したようです。 ハチ…
  2. イライラする感情

    うまくいかなくてイライラするときは成長のチャンス!

    子どもは思い通りにできないとイライラすることがあります。   もちろん大人もです。   そん…
  3. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る