子どもが苦労する「夏の自由研究」対策は?

手芸・ミシンに挑戦

夏の自由研究はどんなことをさせれば良いの?とママから相談があります。
子どもに「やりたいことをやればいいじゃない」と言えば
「やりたいことがない」と言い返される・・・。
 
結局は、親がアイデアを出し子どもがやってみるケースが多いようです。
 
これでは自主的に「研究をする」ではありません。
「やらないといけないからやる」という受動的で学習効果が低い状態です。
 
 
昨今、「自由に遊んでもいいよ」と言われると困る子がいます。
遊び方がわからないのです。
 
幼少期から自由に遊べる場がなかったのかもしれません。
 
オモチャや遊び道具を準備し過ぎると、それがないと遊べなくなるケースもあるのです。
 
そして、子どもが「ひま~」と言うと大人が「なんとかしてあげてた」のかもしれません。
 
 
夏の自由研究はそのような状態から抜け出すチャンスです。
 
ちょっと乱暴なニュアンスになるのですが、「親は何もしない」と決意すること。
 
そして、子ども自身が「自分でやらないと進まない」ということを学ぶこと。
 
「サポートをしないことを決めること」が「子どもの将来へのサポート」です。
 
自主的な土台があった上で、子どもから自由研究の相談があれば「乗って」あげてください。
 
 
うちの次男はどうやらミシンを使ってタペストリーを作るようです。
 
「なんかやってみたい、楽しそう」とのこと。
 
自主的な土台の上で、親は次のレベルをサポートすればいい。
 
夏の自由研究対策は準備してあげることではなく、自発的な土台をつくること。
 
子どもだけではなく親もチャレンジかもしれませんね!
 
家庭でたいけん教育やってみよう!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. ママさんからの相談「どうしたら、すぐに動く子になるんですか?」

    ”うちの子どもは言っても動きません。朝もギリギリに起きてきます。 だから、叱ってばかりなんです…
  2. 時代が変わる時こそ、自代に向き合おう!

    平成も終わり令和に変わる変動の時。 今月末で時代が変わります。自分自身の「自代」に目を向けてみ…
  3. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る