『自分の可能性』を学ぶこと

素潜り

長男の素潜りのレベルも上がってきました。
深いところにも行けるようになり、見える世界が変わって来たようです。
私が体験活動で伝えている一つは、
 
『自分の可能性』を学ぶこと。
 
体験を通じてレベルアップをすると、自分の可能性に気づきます。
 
「自分はきっとできる!」という自己肯定感が新たなチャレンジにつながるのです。

とったどーは大きな自信に! 
 
【 なぜ、自分の可能性を学ぶ必要があるのか??? 】
 
 
私は多くの子どもたちに向き合ってきました。
 
「どうせ無理、どうせできない」という口癖の子もいました。
 
チャレンジする前からあきらめるのでチャンスを逃すのです。
 
あきらめる子は新たな体験を怖がり、できない自分を恥ずかしいと感じていました。
 
自分の可能性よりも「周りの目を気にして」チャレンジを躊躇するのです。
 
このような子たちには「とにかく遊ぶこと」をさせました。
 
遊びは自分のやりたいようにできます。だから、人の目を気にしなくてもイイ。
 
遊びの中から小さな自己肯定感を芽生えさせ、次のチャレンジを楽しみにしたのです。
 
 
子供の頃から「どうせ無理」とあきらめると、その分、成長の機会を失っていることになります。だからこそ、子供の頃から自分の可能性に気づかせてあげたい。
 
その積み重ねがきっと自分の道になっていくから。
 

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 子どもがネットですぐに答えを見つけない方が良い理由

    5年前に長男が庭に植えた桃とスモモの木も大きくなりました。   当時の彼のやりたいことは果樹園。…
  2. 教えない、大人が決めない、子どもに任せるとどうなる?

    私が高校3年生の頃、偏差値は37。 大学に行くために勉強を始めると半年で60まで上がりました。 …
  3. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る