『自分の可能性』を学ぶこと

素潜り

長男の素潜りのレベルも上がってきました。
深いところにも行けるようになり、見える世界が変わって来たようです。
私が体験活動で伝えている一つは、
 
『自分の可能性』を学ぶこと。
 
体験を通じてレベルアップをすると、自分の可能性に気づきます。
 
「自分はきっとできる!」という自己肯定感が新たなチャレンジにつながるのです。

とったどーは大きな自信に! 
 
【 なぜ、自分の可能性を学ぶ必要があるのか??? 】
 
 
私は多くの子どもたちに向き合ってきました。
 
「どうせ無理、どうせできない」という口癖の子もいました。
 
チャレンジする前からあきらめるのでチャンスを逃すのです。
 
あきらめる子は新たな体験を怖がり、できない自分を恥ずかしいと感じていました。
 
自分の可能性よりも「周りの目を気にして」チャレンジを躊躇するのです。
 
このような子たちには「とにかく遊ぶこと」をさせました。
 
遊びは自分のやりたいようにできます。だから、人の目を気にしなくてもイイ。
 
遊びの中から小さな自己肯定感を芽生えさせ、次のチャレンジを楽しみにしたのです。
 
 
子供の頃から「どうせ無理」とあきらめると、その分、成長の機会を失っていることになります。だからこそ、子供の頃から自分の可能性に気づかせてあげたい。
 
その積み重ねがきっと自分の道になっていくから。
 

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
  2. 時代が変わる時こそ、自代に向き合おう!

    平成も終わり令和に変わる変動の時。 今月末で時代が変わります。自分自身の「自代」に目を向けてみ…
  3. 手をかけることで学べること。

    数年間使っていたイスがどうもしっくりきませんでした。 高くて落ち着かない感じです。いよいよ思い切っ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る