ワクワクしている状態の時はアンテナがたち、チャンスに気づける -有機の土で・・・

なにやら また 「たくらんで」います。
 
33度を超える くそ暑い中、大きな石を動かし過酷な肉体労働をしています。。自分が「やりたい」ことは暑さなんか関係ないようです。
 
なにをたくらんでいるかと聞くと、、、
 

「ハーブ畑を作りたい」とのこと!!

 
空いたスペースに花壇を作りハーブを育てるようです。
 
有機の野菜の次はハーブ。
 
好奇心というのはどこまでも果てしなく伸びていくもの。
 
その好奇心を「無理」とあきらめさせるのではなく、とことん伸ばしてあげるのが親の役目。
 
うーん、ハーブ畑の「土」をどうするのか???
 
そんなことを考えていると、願いが叶い始めます。
 
私たちが住んでいる大分県臼杵市は日本初の「有機の土づくりセンター」があり、
私にその関連の仕事が来ました。
 
チャンスの時に動く!

ということで、土づくりセンターに行き、1トンの土を購入することにしました。
 
これで化学肥料が入っていない「有機の土」から育てるハーブを作れます。
 
ココロの底からの純粋な「やりたい」という気持ちは、「運」も味方につけるのかもしれませんね。
 
きっと、ワクワクしている状態の時はアンテナがたち、チャンスに気づけるのでしょう。
 
ワクワクは、困難を撃ち破ろうとする行動になり、周りの人の心を動かし、願いを叶える原動力となる。
 
一般社団法人ひとねるアカデミー
代表理事 佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. うちの子がサメをさばいていました

    サメってどうやってさばくん?と思わず聞いてしまいました。 長男が魚市場で買ってきたのはサメ。値段2…
  2. さかなクンから学ぶ好きの大切さ

    さかなクンの講演会に行ってきました!   さかなクンのキャラが大爆発で、とても楽しい会でした! …
  3. 薪はこび

    子どもが家で働く意味とは?

    お風呂を焚く薪を運んでくれています。 薪が落ちるか?落とさずに運べるか?のギリギリの攻防が楽しいよ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る