いよいよ夏休み!お手伝いのすすめ

お手伝い

いよいよ夏休みです。
今回は、親御さんたちにお願いがあります。
 
子どもたちに「お手伝い」をさせてください。
 
どんなことでもいいです。
 
「あなたのおかげで家族の生活が成り立つ」というお手伝いがあることで、家庭肯定感が育ちます。
 
人は役割があると、自分を見つめ、自分のチカラを試します。しかし、役割がないと自分の存在を疑い始めます。
 
子どもに役割をつくり、たくさん「あなたのおかげ」と感謝を伝えていきましょう!
 
普段では忙しくできないかもしれませんが、夏休みだからこそ新たなルールをつくれます。この機会をチャンスに変えていきましょう!
 
家庭でのお手伝いは、家庭での体験学習。
お家でもやれることはたくさんありますよ~!

★ 参考までに! お手伝い集 ★

玄関掃除、雑巾がけ、窓ガラス拭き、トイレ掃除、お風呂掃除、テーブル拭き、洗濯機をまわす、洗濯物を干す、洗濯物をたたむ、上履きを洗う、アイロンをかける、靴をそろえる、布団を干す、食器を並べる、食べ残しを冷蔵庫に入れる、食器を下げる、食器を洗う、食器を片付ける、献立を考える、料理をする、味見をする、お米をとぐ、ご飯をたく、トイレットペーパーを補充する、タオルを交換する、石鹸を補充する

 できることが増えれば、子どもの自信にもつながるし、
パパママも助かり、
子どもに感謝できますよ~!

一般社団法人ひとねるアカデミー
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 教えない、大人が決めない、子どもに任せるとどうなる?

    私が高校3年生の頃、偏差値は37。 大学に行くために勉強を始めると半年で60まで上がりました。 …
  2. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
  3. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る