「旬の食材」を食べることを

栗ご飯

と言えば、、くり! そう、栗の季節がやってきました!
うちでは「旬の食材」を食べることを大事しています。

一つは、自然に対して感謝できる子になるから。
この時期だからこそ食べられる食材を知ると季節を待ち遠しくなります。
美味しくいただくことで、季節の移ろいに感謝できるようになる。

二つ目は、今、必要な栄養がとれるから。
自然とは循環です。必要な時期に必要なことが起こっています。
人間も自然の一部。旬の物は身体に必要な栄養素が入っています!

体験学習マニアとして、これまで色んなことを調べてきました。

私は体験と同様に「食」も大切だと考えています。

身体をつくり、脳をつくるからです。

いくら体験をしても、エネルギーとなる栄養がなければ活動できません。
体験と食は切っても切り離せない大切なこと。
食に関しては、大人がサポートすべきだと思います。
 
そろそろ、スーパーにも栗が並ぶ時期。
栗を剥くのは面倒ですが、うちでは子どもとコミュニケーションをとる時間にしています。
栗の皮を剥きながら・・・
栗の皮むき
 
最近の学校はどう?
秋にやりたいことは?

など、なにげない対話を楽しむ。。。
私たち大人は忙しいのですが、旬を楽しむ時間をつくり、子どもとコミュニケーションをとりませんか?

一般社団法人ひとねるアカデミー
佐藤陽平
 

関連記事

よく見られている記事

  1. ママさんからの相談「どうしたら、すぐに動く子になるんですか?」

    ”うちの子どもは言っても動きません。朝もギリギリに起きてきます。 だから、叱ってばかりなんです…
  2. カヤックフィッシング

    親子カヤックフィッシング ジギング

    親子カヤックフィッシング ジギング ― 家庭でたいけん教育やってみよう! …
  3. 小学生 男子ごはん

    近所のスーパーで30センチほどのブリ(一匹まるごと450円)をおかあと長男が買ってきました。   …
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る