まきのお風呂屋さん 

次男のお友達がお風呂に入りに来ます。

子どもたちで火をつけて焚くタイプ。

お風呂の代金は薪割りです。

薪を割る労力でお風呂に入れます。

まきのお風呂屋さん 

これぞ、佐藤家通貨。

子どもたちは、火を使ったり、刃物を使う体験ができます。

もちろん、私がリスクマネジメント法を教えますので、自分たちで自分の身を守る意識が芽生えますよ~。

私は、子どもたちがイキイキとする姿を見てほっこりしています。
うちは薪を割ってくれて大助かり。

体験を軸にしたWIN-WINの関係です!

子どもに体験をさせたくてもできない環境もある。

そんな環境を変えていくために、まずはコミュニティの最小単位である「家庭」から拡げたいと思っている。

最初は小さな一歩だった。

でも、多くの人が応援してくれるようになった。

きっと変わる!いや、変える!

ひとねるアカデミー 佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. デキナイコトがデキル 青年の無人島合宿

    無人島というキーワードで何を思い浮かべますか?   サバイバル 生きる なにもない ナイフ…
  2. ハチノコが大好物な息子

    数か月前からハチの巣が大きくなるのを待っていました。 そろそろ食べ時だと判断したようです。 ハチ…
  3. 子どもがネットですぐに答えを見つけない方が良い理由

    5年前に長男が庭に植えた桃とスモモの木も大きくなりました。   当時の彼のやりたいことは果樹園。…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る