夕食

幼少期は大変だった・・・。

色んな体験をさせたかったから、ケガしたり泣いたりしてもずっと応援してきた。
 
今ではおかげさまで、料亭並みのご飯を作ってくれるようになりました。
 
秋はアオリイカのシーズン。型も大きくなってきました。
私が釣ってきたら、すぐにさばいてご飯をつくってくれる長男です。
 

子どもにとって体験は「種」です。


 
幼少期からたくさんの種まき(体験)ができていれば、いつか咲き始めます。
中には芽吹かない種もあるかもしれません。
それは、その子に合わなっただけかも。いや、もしかして30年後に芽吹くかもしれません。
 
種をまいていなかったら??
芽吹きもしませんよね。
だからこそ、子どもの時にたくさんの種まきをしておきたいのです。
 
子どもが自分の好きを見つけ、自分のココロザシを見つけ、社会に貢献していく。
自分を見つけるには 「体験」 しかないのです。
 
では、どうやって体験の場をつくるのか?
大人が体験の大切さを理解し、自ら体験しようとすることです。そうすると、子どもたちもチャレンジしはじめます。
その時に、一言だけ声を出しましょう。「楽しい!」って。
 
子どもは「楽しい!」という言葉が大好き。

どこにいてもこの言葉を聞くと飛んできます。
私たち大人が普段から「楽しい!」を言っていくことで体験の種をまいていく土壌ができます!

一般社団法人ひとねるアカデミー
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 脱普通のすすめ

    テレビで年代による平均年収や平均貯蓄が出ていました。 もしかすると、平均点を超えていると安心すると…
  2. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
  3. おとうはアホアホ作戦 (おとう=お父さん)

    家族で車に乗ってショッピングモールに行きました。 自然の中で遊ぶことが多い佐藤家にとって滅多に行か…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る