「食」 が 「エサ」となっていませんか?

「食」 が 「エサ」となっていませんか?

毎日霧吹きして、しいたけを育ててみました。すると大量に!

こどもの頃は自分で育てたものを食べることや、手をかけるから食が豊かになることを体験しておきたいもの。

現代では忙しすぎて、食を楽しむのではなく、ただ食べるという「エサ」になっている人もいると言われています。

食が義務的なものになればなるほど、足元のシアワセに気づきにくい。
おいしいものを食べてシアワセということさえ思えなくなります。暮らしに余裕がなくなり、楽しむことさえできなくなります。

こどもの頃だからこそ料理したり、家で食べ物を生育したり、食の楽しみ方を学ぶべきです。

足元のシアワセを大切にできるようになるでしょう。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. リスクに強い子に育てるには?

    西日本豪雨でなくなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心…
  2. 子どもには無理

    私はこの言葉をたくさん聞いてきました。 子どもの教育に携わってきて、以下のように考えるようになりま…
  3. 家庭でできる地あたまの鍛え方

    高学歴だけど仕事ができない。低学歴だけど仕事ができる。 先日、クライアントの社長さんから何が違うの…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る