「うまくなりたい!」という意欲を高めること

焦がして、周りを汚して、おいしくない!これが最高の学び!

こどもたちにタコ焼きを作らせたらひっくり返すことがうまくいかずに失敗ばかりです。

この失敗がイイ!

うまくやるためにはどうすれば良いのかを考え始め、何度もチャレンジするようになります。そして、お店のタコ焼きを焼くお兄ちゃんの手を見るようになります(笑)

こどもたちには最初からしっかりと本当のやり方を教えるべきだという声もありますが、私はその前にチャレンジさせて、「うまくなりたい!」という意欲を高めることが大事だと考えています。

学ぼうとして学ぶと得るものが大きいのですが、興味ないことを学ぶと嫌いになる可能性も高くなります。

ただのタコ焼きですが・・・、奥が深い!!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 教えない、大人が決めない、子どもに任せるとどうなる?

    私が高校3年生の頃、偏差値は37。 大学に行くために勉強を始めると半年で60まで上がりました。 …
  2. 学校が変革している・・・

    『学校が変革している・・・』 中学校の先生から相談がありました。 最初は総合学習内での「…
  3. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る