釣り方を教えよ!

こどもに魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ!ではダメ!?

こどもにはモノを与えるのではなく、モノを手に入れる方法を教えましょうという言葉があります。
私はこの時代にはそれだけでは足りないのではないかと感じています。

なぜならば、釣り方を覚えると大量に釣れることが嬉しくなり、乱獲につながります。
要はテクニックで利益を得て、どこまでも利益を追い求めることと同じです。

釣りは自然からの恵みであり、食べられる分をいただければいい。

釣って自分でさばいていると、釣り過ぎたことがわかるようになります。また、魚の命をいただいていること、そして無駄にしないために保存の方法にも興味を持つようにもなります。

一昔と変わり、地球資源の枯渇問題、食糧、環境問題等について解決をしていかなければならない時代となりました。

これからの教育は、こどもに魚を与えるのではなく、『釣り方』と『さばき方』と『食べ方』を教えよ。です!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 子どもがネットですぐに答えを見つけない方が良い理由

    5年前に長男が庭に植えた桃とスモモの木も大きくなりました。   当時の彼のやりたいことは果樹園。…
  2. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
  3. 露木由美対談

    体幹トレーナー露木由美さんの想いとは?

    体幹トレーナー露木由美さんの想いとは? 体幹トレーナー 露木由美さんと…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る