野菜づくり

自分たちで野菜をつくってみます。
まずは、畑を耕す作業。

石がゴロゴロ、すぐに疲れるし、体も汚れる・・・。
でもナニかワクワクする。

この体験があると、野菜の価値に気づいていきます。

こどもたちの自然体験キャンプを実施していると、約7~8割のこどもが「野菜嫌い」です。

こどもですから、好き嫌いがあるのは当然ですが、畑作業や野菜を育てたことがある子は野菜を食べるようになる傾向があるようです。

こどもたちは体験によって野菜の価値を知り、嫌いという感情が薄れていくのかもしれませんね。

野菜を育てることは、こどものうちにやらせておきたい体験の一つです。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 手をかけることで学べること。

    数年間使っていたイスがどうもしっくりきませんでした。 高くて落ち着かない感じです。いよいよ思い切っ…
  2. 無人島合宿で有り難いを学ぶ

    一泊二日で行ってきました、無人島!   テントを張って、魚をとり、食べて寝るというシンプルな暮ら…
  3. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る