こどもたちがすぐにできないのは当たり前。

親が料理を楽しんでいると、こどもが料理に興味を持ちました。
サンタさんから包丁をもらい、まずはキャベツを切っていました。

いつしか魚をさばきたくなり、下手くそながら何度もやってみました。

鍛冶屋さんから出刃包丁をプレゼントしてもらい、魚をさばくのも格段に上手になりました。

顔つきも変わり(笑)今では上手に「皮をはぐ」こともできるようになりました。

「こどもには無理」

無理と決めるのは私たち大人。
こどもたちがすぐにできないのは当たり前。

できる・できないの判断ではなく、「やりたい」というキモチをほめてやってほしいなと思います。

「やりたいの?いいねえ!そのチャレンジ精神!!」と言えば、チャレンジをする子になります。

誰でも最初は無理なこと。
「できない」から「できる」ようになる楽しみを教えてあげたいものです。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. ハチノコが大好物な息子

    数か月前からハチの巣が大きくなるのを待っていました。 そろそろ食べ時だと判断したようです。 ハチ…
  2. 家庭で焼き芋!! 焦げ焦げの失敗がいい!

    家庭 焼き芋 コゲコゲの失敗がいい!   私たちの焼き芋はお風呂の残り火を使います。 火が落ち…
  3. 子どもがネットですぐに答えを見つけない方が良い理由

    5年前に長男が庭に植えた桃とスモモの木も大きくなりました。   当時の彼のやりたいことは果樹園。…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る