ぬか漬けボウヤ

長男と友達の会話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友達:今日遊ぼうな~、家に遊びにいくけん。

長男:わかった~、「ぬか漬け」やってからね。

友達:?? ヌカヅケ っちなに?

長男:えっ!?・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長男が、「ぬか漬けを知らない子がたくさんいる」と驚いていました(笑)

ぬか漬けはメンドクサイです。今の社会だと少なくなっていくのもわかります。

しかしながら、「ぬか漬け」は自然の恵みと人間の知恵の結晶です。

お米を精米をすると「ぬか」が出てきます。

捨てるのではなく暮らしに生かします。
mottainai は暮らしから生まれた言葉(きっと)

この恵みを食に生かすことで、ビタミン、酵素、乳酸菌が摂れます。

身体に良く健康になります。

わざわざ精米するのも、ぬか漬けもメンドクサイですが・・・、
手間暇かかるから得られるメリットがあります。

こどもたちに対し便利で快適な状況に慣れさせるよりも、手間隙、工夫する生活をタノシム。
すると、こどもたちは貴重な資源に対してもったいないと本気で思え、何でも大切にするようになる。

消費が多い時代だからこそ必要な体験かもしれないですね。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭教育が子供の脳の土台をつくる

    「学力=脳レベルが高い」という認識だったこの数十年。 テストの点数で脳レベルを図り優秀な人材を…
  2. 家族会議

    東洋経済オンライン 家族会議のすすめ 

    東洋経済オンラインさんの「家族会議のすすめ」の取材をしていただいた記事にたくさんの反響をいただきまし…
  3. ピンチはこどもが伸びるチャンス!

    雨どいが壊れ、家の土間に水が浸入してくるようになりました。 ピンチはこどもが伸びるチャンスです…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る