「おかあは寝ていていいよ。」

おかあが体調を崩し寝込みました。

こんな時、こどもたちはいつも以上に張り切ります。

「おかあは寝ていていいよ。」と言いながら、お風呂を洗い、薪でお風呂を焚き、ご飯も作ってくれます。

これも日常の中で生活技能を養っているからできることだと思います。

ピンチやハプニングが起こった時に試されるのは日常のチカラです。

日常でデキナイことは本番でもデキマセン。

日常でのチカラはいつしか習慣となり、様々なことを乗り越えるチカラにつながっていきます。

このような生活技能を高めるのに最適なのは「お手伝い。」

こどもがお手伝いに慣れていない時は、親は教えたり失敗の面倒をみたりで2倍の手間暇がかかります。

しかし、子どもができるようになってくると親が大変な時に支えてくれるようになります。

支え合いからは感謝が生まれ、家族がシアワセを感じるようになります。

ぜひぜひお手伝いを習慣化していきましょう!

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
  2. 海

    人は「人生を楽しむこと」を学ばないと!!

    アソブ、アソブ、アソブ、アソブ、 メシ、アソブ、アソブ、アソブ ネル、アソブ、アソブ、アソブ・・…
  3. 薪はこび

    子どもが家で働く意味とは?

    お風呂を焚く薪を運んでくれています。 薪が落ちるか?落とさずに運べるか?のギリギリの攻防が楽しいよ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る