タケノコはどこまでムケルの?

自然は不思議がいっぱいです。こんなに大きいタケノコも少ししか食べられない。
大きく成長したタケノコは固くなりすぎて食べられない。

この時期にこそ伝えたいことは食べられる瞬間をおいしくいただく。

このような体験により感性を育むのはもちろん、「旬」という概念を伝えることもできます。

おいしく食べられる旬は自然の移り変わり中で食べられる貴重な時期であり、食べ物に感謝するココロを育めます。

スーパーに行けばいつでも買える!だから豊か!!!と言うのではなく、旬のものは時期が限られるからこそおいしくてありがたい。
旬のものを食べられるのは豊か!!!と思える価値観も大切だと思います。

春は山菜の時期。山菜を好んで食べるこどもはあまり多くないかもしれませんが、大人が山菜を楽しんでいれば、大人になってから味がわかる時が来るでしょう!

まずは大人が「旬」を楽しみましょう!!!

関連記事

よく見られている記事

  1. 家族会議

    東洋経済オンライン 家族会議のすすめ 

    東洋経済オンラインさんの「家族会議のすすめ」の取材をしていただいた記事にたくさんの反響をいただきまし…
  2. 小学生 男子ごはん

    近所のスーパーで30センチほどのブリ(一匹まるごと450円)をおかあと長男が買ってきました。   …
  3. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る