イチゴジャムを作って学ぶ!

たくさんのイチゴをいただきました。
食べきれないので、ジャムを作ることにしました。
小学校2年生、夢中になって作ります。

ぐつぐつと1時間かけて煮込みました。この体験でジャムがどのようにして作られているのか、どれだけの労力やエネルギーを使っているのかを理解できるようになりました。

また、食べ物を保存食にすることは、食物を無駄にしないという知恵。

手間暇かかり時間も要するメンドクサイ作業ですが、人として大切なココロを育めます。

関連記事

よく見られている記事

  1. おとうはアホアホ作戦 (おとう=お父さん)

    家族で車に乗ってショッピングモールに行きました。 自然の中で遊ぶことが多い佐藤家にとって滅多に行か…
  2. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  3. リスクに強い子に育てるには?

    西日本豪雨でなくなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る