アリの行列

どこまでも続く行列・・・
どこから来ているのか?
そしてどこに行くのでしょうか?
 
そういえば私が子どもの頃、アリの巣に水を流したり掘ったりしました。
次の日に見るとアリが元通りにしようと動きまわっていました。
そして元通りに。
小さいアリのチカラに驚いたものです。
イタズラを反省しました。
 
ある時、アリの巣コロリが家にきました。
本当にアリがいなくなりました・・・・
 
あれから何十年たったのでしょうか。
自分の子どもがアリの行列を見つけ興味津々です。
 
小さいアリの命。
 
子どもたちに何を教えてくれるのでしょうか?
 
私は自分の都合で命のリレーを壊すようなことはしたくない。
だから自然を受け入れます。
 
私がこう思えるのも体験のおかげ。
 
プラスもマイナスも体験することで「自分の意志」ができるのです。
 
子どもに自立して幸せになってほしいと願うのならば、良いも悪いも体験です。その体験が人生のモノサシになっていきます。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 無人島合宿で有り難いを学ぶ

    一泊二日で行ってきました、無人島!   テントを張って、魚をとり、食べて寝るというシンプルな暮ら…
  2. イライラする感情

    うまくいかなくてイライラするときは成長のチャンス!

    子どもは思い通りにできないとイライラすることがあります。   もちろん大人もです。   そん…
  3. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る