迷走・・・「迷走教育」

教育

数年前、叱らない子育てが流行りました。
「褒めて伸ばす」子育てです。
 
今は叱らない子育てよりも「叱るべき」が大多数になってきているようです。
 
叱らない子育て? 叱る子育て?
 
「叱らない」などの極論を出していくのはマーケティングの手法。極論を出していくことで注目させます。ここにあるのはビジネス。
 
これに振り回されてしまう私たち・・・。
 
私は現代は「迷走教育」だと考えています。
 
最も辛いのは時代に流されてしまう子どもたち。
 
大事なことは子どもが自分の人生を生き抜くことです。
 
そのためには褒めることも叱ることもどちらも必要になります。極論ではないのです。
 
いずれにしても、どんな教育的価値観が出てきても「体験から学ぶ」という原点を忘れてはならないと思います。
 
体験が人生のモノサシとなり、子どもの未来をつくるから。そしてそれが社会になります。
 
社会も教育も迷走。
 
これだけは言えます。
体験が豊富であれば、自分の軸が生まれ振り回されない。そして社会をつくる。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  2. イライラする感情

    うまくいかなくてイライラするときは成長のチャンス!

    子どもは思い通りにできないとイライラすることがあります。   もちろん大人もです。   そん…
  3. 家庭でたいけん教育

    夏休みは大化けする時期

    子どもの「遊びたい」というパワーは計り知れません。 オモイッキリ遊ぶために宿題の段取りをとった…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る