子どもには無理

私はこの言葉をたくさん聞いてきました。
子どもの教育に携わってきて、以下のように考えるようになりました。
 
「子どもにも無理なこともあるし、大人でも無理なこともある。
しかし、子どもも大人もやってみないとわからない。」
 
私たちは先入観で物事を決めてしまうことがあります。
先入観は今までの「経験」によって判断されます。
先入観はリスクから身を守る時には大事なチカラ。
しかし、新たなチャレンジをする時には「間違う」ことがあるのです。
 
この間違った先入観が子どもの可能性をつぶすこともあります。
可能性がつぶれるともったいないですよね。
 
私たち親は子どもの幸せを願っています。
親と子どもは別人格で別な人生を歩みます。
無理と言う前に「やってみたら」と言ってあげたいものです。
 
ちなみに、長男はSUP(サーフボードのようなもの)とパドルで海を漕いで釣りをして獲物をゲットしました。
タイとカサゴを自分でさばいて刺身と煮つけを食べました。残ったのは骨のみ。
 
私たち人間はやってみないとわからない。そんなものです。

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平
 

関連記事

よく見られている記事

  1. 困った 困った さあ、どうしよう?

    うちの庭の立水栓はむき出しで、水を使うと足元がベチャベチャでした。一言でいえば「ツカイヅライ」。 …
  2. 家庭たいけん教育の考えとは?

    その名の通り、家庭の中で体験教育をします。言ってみれば、家庭でアクティブラーニングを実施し、生きるチ…
  3. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る