「失敗」は向き合うと「感謝」に変わります

「失敗してはいけないよ」と子どもに言うと失敗がプレッシャーとなり、チャレンジをしなくなります。
 
失敗恐怖症の子どもたちは、物事を楽しむよりも「失敗しない」ことを優先して取り組んでいる傾向が強いです。
 
そんな時は、
「いいんだよ、よくやってるね!おもしろいでしょ?」と楽しいことに意識を変えてあげます。
 
徐々に失敗の呪縛を解いてあげるのです。
 
そして、失敗はタカラモノであることを伝えます。
失敗を恐れるのではなく、勇敢に立ち向かうのだと。
そうすれば、失敗に感謝する日が来るんだと。
 
私たちは日々の生活でどんな言葉をかけているでしょうか?
習慣化される言葉は人生の軸になることもあります。
会社でも失敗がタブー化されていれば家でもそうなってしまうかもしれません。
 
もしかして、私たち大人が失敗を恐れているから子どもに恐怖心を伝えているのかもしれませんね。
 
私たち大人はよくやってます。子どものことを本気で考えているからこその行動。
 
少し視点を変えてみましょう。
 
子どもの真剣なマナザシ、笑っているカオ、明るいコエ、ウルサイ日常(笑)
 
それもかけがえのない瞬間ですよね。
 

家庭でたいけん教育!
佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. うちの子がサメをさばいていました

    サメってどうやってさばくん?と思わず聞いてしまいました。 長男が魚市場で買ってきたのはサメ。値段2…
  2. 親子旅でアウトプット力を高める方法

    私は学生の頃に一人旅で世界を周りました。 この時の経験が今に生きています。 「旅は人生そのも…
  3. 海で思いっきり遊ぼう!親子で学ぶ体験教育!

    この夏、臼杵市さんとコラボ企画を開催しました! 子どもは思いっきり海で遊ぶ! パパ、ママは子…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る