何が正しいか?というよりも、興味関心を持つこと。

選挙は家族で行き、子供に雰囲気を体験させておくことが重要です。
 
「選挙に行ってもどうせ変わらんし・・・」
「どこの誰かもわからないので投票しても・・・」
 
というような青年の声をよく聞きます。
 
アキラメを学んでいるようですが、自分たちの生活に関わることですから、きちんと向き合うことを教えること。
 
まずは、子供たちに選挙の空気を体験させるのです。
 
 
先日、家族だんらんの時間に「政策」の話がでました。
 
「ベーシックインカムってなんなん?」
 
「なんでそれが必要だと考えるようになったの?」
 
「消費税を上げて何に使うんだろ?」
 
 
何が正しいか?というよりも、興味関心を持つこと。
 
体験をすると興味関心を持ちやすくなります。
 
選挙は国民の権利です。子供の教育の一環で家族で投票に行ってみてはいかがでしょうか?
 
 
家庭でたいけん教育やってみよう!
代表理事 佐藤陽平

関連記事

よく見られている記事

  1. 子どもには無理

    私はこの言葉をたくさん聞いてきました。 子どもの教育に携わってきて、以下のように考えるようになりま…
  2. リスクに強い子に育てるには?

    西日本豪雨でなくなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、甚大な被害を受けられた皆さまに対して、心…
  3. 時代が変わる時こそ、自代に向き合おう!

    平成も終わり令和に変わる変動の時。 今月末で時代が変わります。自分自身の「自代」に目を向けてみ…
ひとねるカデミー
ページ上部へ戻る